酒の飲み過ぎの「むくみ」に困ったら、利尿剤が良いかもしれない、という話し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前、夜お酒を飲む仕事をしていた彼女と付き合ってた時期がありました。

仕事柄、その子はほぼ毎日酒を飲みます。すると水分(アルコール)の摂り過ぎでかなり「むくむ」んだそうです。

当時を思い返してみると、はたから見ても「確かにむくんでいる」と思えるほどでした。

で、彼女はその対策の1つとして「利尿剤のラシックス」を服用していました。(詳しくは知りませんが、ラシックスは病院で処方されるのかな??)

スポンサーリンク

利尿剤ラシックスを飲むと体内の水分が排出される

このラシックスを飲むと、当然利尿剤ですから、体内から水分がオシッコとして排出されるため、かなりむくみがとれるそうです。

ですから、夜のお仕事をしている人や、私のように毎日酒を飲んでむくみがちな人には利尿剤はいいかもしれません。

薬嫌いの場合は漢方の利尿剤がいいかも

ただ、私自身もそうなんですが、薬嫌いの場合もあると思います。

そんな時は「漢方の利尿剤」が良いかもしれません。

次の記事にもありますが、

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

「水分の摂り過ぎは体に悪い」ということを主張している医師の石原結實さんは、

漢方の利尿剤として、次の2つを挙げています。

漢方の利尿剤2つ

それぞれ、「漢方の利尿剤」として古くから活用されてきたようです。

なので、ラシックスに抵抗がある場合は五苓散や苓桂朮甘湯をためしてみると良いかもしれません。

汗をかく(温泉、サウナ、運動)も効果的

あとは、その彼女も言っていましたし、私自身も体感していますが、温泉やサウナ、運動などで「汗をタップリかく」とむくみはかなり解消されます。

私の場合、温泉に入るとだいたい平均して2kgくらい減ります。どんだけむくんでたんだって感じなんですが(笑)。

まとめ

そんなわけで、酒の飲み過ぎのむくみに困ったら、

  • ラシックス
  • 五苓散
  • 苓桂朮甘湯

などの利尿剤を試してみるといいかもしれません。

ではでは!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*