「雨音を聴きながら」「時間を区切って」文章を書く。すると抜群に書ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雨音を聴きながら、さらに時間を区切って文章を書くと「抜群に書ける」ことに今さっき気づきました。

雨音などの「ノイズ」を聴くことで、創造性が高まってより文章を書けるかもしれない、ということは以前2つ記事にしました。

この時は、「なんとなくそうかも」という感じだったのですが、今日は違います。

「雨音を聴きながら、さらに時間を区切って文章を書いたら、抜群に書けたっ」という実感のこもった記事になります。

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク

Noisliで雨音を聴きながら文章を書いたらかなり書けた

私は今日、雨音などの自然音をオンラインで無料で聴けるサービス「Noisil」で、雨音を聴きながら文章を書いていました。

Noisli

Noisliについてより詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

こいつはいいぞ!自分好みのノイズ音を作り出せるWebサービスNoisli

私は今日、このサービスの「雨音」と「雷の音」をミックスさせて、PCの音量MAXで聴きながら、文章を書いていました。

33分33秒×1日6セットの秘密

するとまず、33分33秒間の間に1230文字書くことができました。そして次の33分33秒の間には2303文字も書くことができました。

33分33秒というのは、アメリカのコピーライター「ユージンシュワルツ」が実践していた方法です。

33分33秒にタイマーをセットして文章を書く。タイマーが鳴って時間が来たら手を止めて、小休憩する。これを1日6セットこなす、というメソッドです。

ユージンシュワルツはこの方法を実践することで圧倒的な結果を出して、悠々自適に暮らしたそうです。

参考:最強コピーライターの「ライティングメソッド」

私はつい先日、次のように思いました。

「そうだユージンシュワルツに習って33分33秒で区切って、文章を書いて、その後休憩。そしてその時間に書いた“文字数”をエクセルに記録していけば、モチベーションが上がるし、達成感も得られるし、自分がどれだけ書いたかを客観的に知れるからいいんじゃないか?」

そして今日、その方法を実践してみました。

しかもNoisliで「雨音」と「雷の音」を聴きながら。

そしたら、上記のように、私にとっては圧倒的なスピードで書くことができました。

スポンサーリンク

この方法の良いところ3つ

私がこの方法が良かったな、と思ったのは次の3つです。

  • 33分33秒で区切るから、その間は集中力が高まって、文章を書くことにより集中できる
  • 「33分33秒を1日6セット」と決めているので、気持ちが楽。仕事が終わるポイントが明確なため「エンドレスに仕事がある」というプレッシャーが無い
  • 「雨音」と「雷の音」という自然音(ノイズ)を聴いているため、創造性が高まって良い文章を早く書ける

というように、良いことづくしだと感じています。

アンソニートロロープという作家は、似た感じで15分で250文字を書くことを目標に執筆活動を続けていたそうでうす。しかもこの人は他に本業がありながらも、多くの著作を残しています。

その秘訣は「1日にどれくらい書くかを決めいた」ことにあるようです。

まとめ

最後にまとめます。

次のようにすることで文章を書くスピードと質が上がり、さらにモチベーションも高く維持できて、さらにさらに達成感も得られる、感じています。

  • 仕事の「始まり」と「終わり」を明確にする
  • 「1日にどれだけ書くか」を決めておく
  • 「どれくらいの時間で、何文字書いたか」を正確に記録・把握する
  • ノイズを聴いて創造性を高める

ではでは。

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*