こいつはいいぞ!自分好みのノイズ音を作り出せるWebサービスNoisli

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「適度なノイズ音は創造性を高める」ということが次の本に書かれています。

できる人はダラダラ上手: アイデアを生む脳のオートパイロット機能 | アンドリュー・スマート, Andrew Smart, 月沢李歌子 |本 | 通販 | Amazon

この本の中では70dBのホワイトノイズが最も創造性を高めた、という実験結果が紹介されています。

スポンサーリンク

 

他にも茂木健一郎さんも効率的な学習方法の1つとして、「適度なノイズ音の中で学習する」ということ挙げていました。

ノイズ音というのは、雨音だったり、カフェなどの人の話し声だったり、と。色々あります。私自身、雨の日にパソコンで文章を書いていると、けっこうリラックスできて作業がはかどった、という経験をしています。

でも、ノイズ音を聴きながら作業したい時に必ず、雨が降るとも限りませんし、いつもカフェやスタバなどに行けるとも限りません。

いつでも聴きたい時に、ノイズ音が聴ける状態。

という状態が理想なんですが、それを実現できるWebサービスを発見しました。ライフハッカーさんの記事、自分好みのノイズを調合できるサイト『Noisli』のおかげで仕事がはかどるで紹介されていたNoisliというモノです。

Noisli

これならネットに繋がった環境であれば、いつでもどこでもノイズ音を聴くことができます。実際、今もノイズ音を聴きながらこの記事を書いています。調子いいですよ。

で、聴けるノイズ音ですが、次のようなモノです。

  • 雨音
  • 雷音
  • 風の音
  • 森林の音
  • 落ち葉が舞う音
  • 清流の音
  • 波の音
  • 水の音
  • 炎の音
  • 夏の夜の音(鈴虫など)
  • カフェの音(人の話し声)
  • 電車の音
  • ファンの音?(ブーンという音)
  • ホワイトノイズ
  • ノイズP(ザーという音)
  • ノイズB(ザーという音)

これらの音を1つだけ聴いたり、複数組み合わせて「オリジナルのノイズ音」を作り出すことができます。それぞれの音ごとにボリュームバーがついているので、音量もそれぞれ調節できます。

PC作業をする時に、かなり重宝しそうです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*