年金の支払い用紙は納付期限が“過ぎても”2年間は使える(納付できる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年金をコンビニなどで“支払い用紙で”支払っている場合は、納付期限が過ぎても2年間は支払うことができます。

これ、最近知りました(笑)。

「支払い用紙」と言いますか正式には「領収(納付受託)済通知書」というようで(なんのこっちゃわかりにくい)、黄色地に赤い枠線などが入った用紙です。

私はこれでコンビニで毎月支払っていたのですが、表紙には納付期限が書いてあって、その期日を過ぎたら「もう支払えない」と思っていました。

こないだうっかりしてたら納付期限を過ぎてしまって、「あぁ〜過ぎてしもうたっ」と思っていたのですが、ふと用紙の裏を見たところ、

スポンサーリンク

「納付期限が過ぎても2年間は支払いできる」

と書いてあるはありませんかっ!

ほらっ。

灯台下暗しとはこのことやっ。というか、こういう役所関係はアレルギー反応が起きて思考停止してしまうんですよね。そんなのはダメだとはわかっていつつも。

で、実際にコンビニにこの「期限切れの支払い用紙」を持っていって支払いにチャレンジしたところ、

あっさり支払えたっ

ではないですかっ。

なんと、こんなに優しいシステムだったのね。

というメモでした。

同じ悩んみを抱えていた方のお役に立てれば幸いです。

ではではっ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*