あれ?規約見てみたら、はてなブログでゴリゴリのアフィリエイトはNGの臭いがする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日たまたま、「はてなブログで月50万円〜100万円ほどの利益をあげていたアカウントが削除されて、1000万円近い被害が出た」という話を聞きました。

そのアカウントを削除された方が、「はてなブログは複数アカウントNG、アフィリエイトは基本禁止。だったからアカウント凍結覚悟でやっていた」と言っていました。

これを聞いて「えっ!?はてなブログ、アフィリダメだったの??」と思い、実際にはてなブログの規約を確認してみたら、

「ん〜ゴリゴリのアフィリエイトはNGの臭いがする」

という印象を受けました。

スポンサーリンク

 

はてなブログの規約にはこうあります。

商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。

ただし、下記の目的で掲載する広告についてはその限りではありません。

・個人や団体が公式ブログとして利用する際に、その活動を紹介する
・お勧めしたい商品(またはそのリンク)を自身の言葉でレビューし、読者に勧める

広告の掲載方法や内容に関しては、別途定める「広告における禁止事項」で制限されます。禁止事項に反さない限り、アフィリエイトプログラムの制限はありません。すべてのアフィリエイトを利用できます。

引用:はてなブログのガイドライン – はてなブログ ヘルプ

アフィリの業界で「アフィリエイトで稼ぐ行為」とは“収益を得ることを主目的”にしていると思います。

稼ぐためにアフィリエイトをしますから、その手法の中で商品のみを羅列して掲載することは結構あります。ましてはじめてアフィリエイトをする時なんてやり方も良くわかっていませんから「まさに収益を得ることを主目的としたブログになりがち」です。

また広告の掲載方法にも規約があって、こうあります。

広告掲載にあたり、下記のような行為を禁止します。

・違法・有害情報が含まれる広告の掲載
・紹介ビジネス、マルチ商法などの勧誘
・記事内で直接販売、勧誘を行うもの
・公序良俗に反する広告や成人向けの広告の掲載(※例外として、文化的な側面からの論評を目的とした記事と認められる場合は許諾することがあります)
・記事と無関係な広告リンクを多数掲載する行為
・記事と無関係な多数のキーワードを羅列する行為
・意味のない自動生成された文章や、他媒体から転載した記事に広告を掲載する行為
・広告主から提供された文章や画像、動画、あるいは商品情報のみで、自身の言葉でのレビューではない広告の掲載

・広告主の定める規約やガイドラインなどに違反する行為
・個人あるいは同一の組織に所属する複数人が多数のブログあるいは多数の記事に同一のリンクを掲載する行為
・隠しリンクや虚偽の見出しによるリンクの掲載
・その他、広告収益やサイトに誘導することおよび検索最適化などを目的とした不正行為

引用:はてなブログのガイドライン – はてなブログ ヘルプ

やってしまいがちな部分を赤字にしてみました。まぁ、これはスパム的と言えばスパム的です。

※今回アカウントを削除された方のアフィリ手法は、スパムかどうかは微妙というかグレーで「捉え方次第」という感じです。裏技的な手法も用いていました。全部が全部では無いですが。

こう書いてて、なんだかデジャブを感じたら次の記事でも同じようなことを言っていました。

参考:FC2の「ブログ凍結の条件」を公式ページよりコッテリと抜粋&リンクしてみた。

とまぁ、どのブログサービスでも「商品のみを掲載するようなゴリゴリのアフィリはNG」で、真っ当に商品のレビューをしたり、自分の言葉で読者に商品を薦めるのはOKのようです。

当たり前と言えば当たり前ですね。

書いててなんだか腑に落ちてきました(笑)。

好き勝手にアフィリエイトするなら独自ドメイン+レンタルサーバーですね

やはり、アフィリエイトで好き勝手に実験とかするならエックスサーバーでWordPress運用が一番ですね。

エックスサーバーなら「年数千円+1ドメイン追加ごとに1600円(年間)」くらいで済みます。ドメインをいくら追加してもサーバー自体の費用は変わらず、ドメイン代だけが加算される仕組みです。

私はこれを最初知らなくてロリポップで無駄な金を使ってました(笑)。

ブログサービスだとインデックスが早かったりドメインパワーがあるので、便利なのですが、何事も使いようですね。真っ当にやればブログサービスでも問題ありませんし。

ではではっ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*