ゲーム実況動画のYouTuberになれば儲かるらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ある動画でYouTuberのヒカキンとホリエモンが話していますが、その中で「ゲーム実況が稼ぎやすい」という話が出ていました。

スポンサーリンク

YouTuberヒカキンによれば「ゲーム実況が儲かる」らしい

ヒカキンのように普通に動画を作るとなると、テレビ番組の制作のようにかなり凝って作らなければなりません。前にヒカキンが情熱大陸がなにか忘れましたがテレビ番組に出ていた時に、相当に労力をかけて動画を作っていました。

余談ですが、それまでは子供がなりたい職業の1位がYouTuberだったのですが、妹によると最近はなりたい職業の中でYouTuberのランクが下がってきているそうです。それはもしかしたらヒカキンを特集したテレビ番組の内容を見た子供達が「YouTuberって意外と大変なんだなぁ・・」と思ったからかもしれません。

少し話がそれましたが。

ヒカキンの作業量に比べればゲーム実況の動画作りの作業量はそれほどでもない・・、と思う。

そんな感じでヒカキンのように動画を作り込むのはかなり大変のようです。

それに対してゲーム実況はかなり簡単です。

それなりの難しさがあると思いますが、言ってしまえば「ゲームをプレイしているところを録画するだけ」です。

最近はほとんどの人がテロップなどを入れていますが、おそらくそれも比較的簡単にできるはずです。

そんな感じで「ゲームをプレイ→録画→簡単な編集」をして、後はYouTubeにアップロードするだけ。

ヒカキンの仕事量に比べると、かなり簡単にYouTubeに動画を公開できます。

ゲーム実況動画には「動画にのめり込む要素」が、あらかじめゲーム制作会社によって“既に”盛り込まれている

しかもゲームというものは、ゲーム制作会社が、面白く、中毒性があるように、ハマってしまうように、ゲームを精巧に作っています。
 
なのでそれをプレイした動画を見るだけで、「海外ドラマの先が気になって気になってしょうがない」という状態になり、ずっとゲームプレイ動画を見続けてしまうわけです。

長時間、視聴者を動画に釘付けにするのは「かなり難しい」はずです。それに対してゲーム実況は、視聴者を釘づけにするのはゲーム制作会社が、かなりのお金と労力をかけて既にやってくれているわけです。

それにまるまる乗っかって、やれちゃうわけですから「ゲーム実況動画は美味しい」ということだと思います。

私もゲームが好きなので、気が向いたらもしかしたらやるかもしれません。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*