Chromebookで文字を音声入力する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Chromebookでも「文字を音声で入力する方法」があります。それもとっても簡単に。

天下のGoogle様が作ったGoogleドキュメントの機能に「音声入力」があるのですが、それを使えば簡単に音声入力できます。

スポンサーリンク

Chromebookで音声入力する方法

手順はこうです。

  1. Googleドキュメントを開く
  2. メニュー「ツール>音声入力」と選択
  3. マイクのアイコンが出現
  4. マイクアイコンをクリックして赤く点灯したら「音声入力」スタート

こんな感じです。

超簡単です。

個人的な感覚ですが、昔からGoogleドキュメントで音声入力を試していたのですが、「音声の認識率は昔より上がっている」ように感じます。

だとすれば、きっとこれからもさらに認識率は上がるはず。

Googleドキュメント「音声入力機能」の問題点2つ

ただし2つ、残念な点があります。

  • 句読点と改行、記号が音声で入力できない
  • 音声入力すると「半角スペース」がどうしても入ってしまう

ということです。

「句読点と改行が音声で入力できない」の解決方法

少なくとも現時点では句読点と改行、記号は手動で入力する必要があります。

「音声入力すると“半角スペース”がどうしても入ってしまう」の解決方法

どうしても入ってしまう半角スペースはCtrl+hで一括置換機能を呼び出して、半角スペースを一括で削除します。(半角スペースを検索し、置換後の部分を空白にすることで、半角スペースを一括削除できます)

またこの機能を使うとなぜかわかりませんが、日本語入力できなくなる場合があります。その場合はCtrl+Rで再読込すれば解決できます。

でもやっぱり、Googleドキュメントの音声入力は“かなり”使える

このような問題点はあるものの、Google入力の音声入力はかなり使えます。

簡単に数千文字を書くことができます。

Chromebookの場合、AmiVoiceやドラゴンスピーチは使えません。そのため、Chromebookで音声入力するなら「Googleドキュメントの音声入力機能を使う」というのが、今のところ一番の方法だと思っています。

私もGoogleドキュメントの音声入力を使って、ガンガン文章を書いています。最初はぎこちなかったのですが、なれると結構簡単に書けるようになってきますよ。

というわけで、Chromebookで文字を音声入力する方法でした。

ではっ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*