AdSenseブログにYouTube動画を埋め込む場合は「著作者本人が公開している動画」だけを埋め込むべき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログを運営しているとYouTube動画を埋め込みたい場合があります。

記事で紹介する話のネタ元と言うか、YouTube動画を見て得た気づきがある場合とかに「ブログにそのYouTube動画を埋め込みたい」と思うことが多々あります。なぜなら、その動画を紹介することで、ブログ読者にメリットがあるからです。

私もかなりあります。

スポンサーリンク

個人の感覚としては「そこまで著作権にこだわらなくても、別に良いんじゃない?」と思うこともあるが・・

昔はYouTube動画の埋め込みに関しては神経質なほど注意を払っていました。例えばアーティストならそのアーティストが公開している動画だけを貼り付けていました。

なのですが、最近感覚が麻痺してきてしまったのか「著作物ではあるものの、それが広まれば著作者にとってもメリットがあるのではないか」と個人的には感じてきていました。

例えばそのアーティスト本人が作った動画でなかったとしても、その動画を共有することでそのアーティストの知名度が上がることがあります。それまで知名度が低かったアーティストが、その結果、知名度が上がれば、そのアーティストの助けになるのではないか。

と漠然とですが、考えるようになっていました。

AdSenseポリシーとしては「著作者本人のyoutube動画“以外”を動画に埋め込むのはNG」

ですが、AdSenseのポリシーとしてはこのような、著作物を作った本人のYouTube動画“以外”のものをブログに埋め込むのはアウトだそうです。

参考:アドセンス(Adsense)でポリシー違反と判定される動画について | りくまろぐ

例えばYouTubeにはテレビ番組やラジオ番組を録画・録音したものが公開されています。それを視聴して色々気づきを得てブログ記事を書いた時に、情報元としてそのYouTube動画を張り付けたくなります。

が、これ押してしまうとAdSenseポリシーに違反したことになります。

つまりアドセンスを停止されてしまう可能性があります。

だから少なくともAdSense広告を貼り付けているブログでは、それらの違法にアップロードされている動画は埋め込まないことが賢明です。

このようなことは、少なくとも私の感覚では、時代の変化にまだ追いついていないように思いますが、お金の授受(ビジネス)にあたっては、このように「厳密にやらなければならない」ということだと思います。

スポンサーリンク

世の中的には、本人の許可を得ずにカバー曲CDをガンガン売ったけど、結局「おとがめなし」だった、という事例もあるが・・

例えば歌手のTHE BOOMの「島唄」を、著作者本人の許可を得ないで、母国アルゼンチンでガンガンに歌って、売れに売れていたアルフレッド・カセーロというマルチタレントがいます。

参考:THE BOOMの『島唄』がアルゼンチンのチャート1位になった過去 – エキサイトニュース(1/2)

この人は歌の著作者の許可を得ずにCDを販売したり、コンサートまで開いていました。

本人の許可を得ていないので、完全に違法だと考えられます。

ですがTHE BOOMは訴えることもなく、何と一緒にコンサートを開きました。

このアルフレッド・カセーロの違法な行動により、THE BOOMは海外で予想外に知名度を高めたことになります。

このように本人の許可を得ずに、歌をカバーしてガンガンに稼いでいたとしても、回り回って良い効果を生むこともあります。

ですが、少なくともAdSense広告を貼っているブログでは、著作権違反の動画は埋め込まないのが賢明です。

AdSenseブログでは「著作者本人のYouTubeチャンネルの動画だけを貼り付ける」

著作権違反の動画とは、著作者本人が公開している動画“以外の”動画です。

  • アーティストが自分のYouTubeチャンネルで公開してる動画をブログに埋め込むのはOKですが、それ以外のそのアーティストの動画を埋め込むのはNGです。
  • 映画配給会社が自分のYouTubeチャンネルで公開している動画を埋め込むのはOKですが、それ以外の、その映画配給会社の動画をブログに埋め込むのはNGです。

ということで。

AdSense広告を貼っているブログでは、次の基準でブログに貼り付けるYouTube動画を選ぶといいと思います。

「著作者本人のYouTubeチャンネルの動画だけを貼り付ける」

  • 例えばアーティストなら、アーティスト本人のYouTubeチャンネルで公開されている動画だけを貼り付けます。
  • 映画配給会社なら、映画配給会社の公式YouTubeチャンネルで公開されている動画だけを貼り付けます。

こうすれば安全に、AdSenseブログを運営できるはずです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。