ムームードメインでドメインを取得して、ロリポップでWordPressをインストールした方法

2018年8月26日

JUGEM有料プランで新ブログを立ち上げ、2記事ほど公開したのですが、どうにも使い勝手が悪くてイライラが限界レベルを突破したので、独自ドメインを取得してWordPressでブログを運営していくことにしました。

先ほど、ドメイン取得を「ムームドメイン」で済ませ、レンタルサーバーを「ロリポップ!」で契約。

そしてWordPressのインストールが完了(成功)しました。

その際の手順を紹介します。

  1. ムームードメインでドメインを取得
  2. ロリポップ!でレンタルサーバー契約
  3. ロリポップ管理画面:「WAF設定」を一時的にOFF
  4. ロリポップ管理画面:WordPressをインストール
  5. ロリポップ管理画面:「WAF設定」をONに戻す
スポンサーリンク
 

1.ムームードメインでドメインを取得

まずムームードメインでドメインを取得しました。

ムームードメイン | 欲しいドメインがすぐ見つかる。

私の場合は「ムームーメール(有料)」は使わないので、申し込みませんでした。

それ以外は、指示に集中して進めばスムーズに取得できます。

2.ロリポップ!でレンタルサーバー契約

次にロリポップ!でレンタルサーバー契約しました。

ロリポップ!レンタルサーバー | 利用実績170万人突破!無料SSLあり

少なくともこの記事を書いてる時点では、10日間は無料でお試しができます。ですから申し込みから10日後までに支払えばOKです。

でも私の場合は、支払いを先に伸ばすのがめんどくさかったので、今日申し込んで、今日支払いを済ませました。

今回は「ロリポプラン3ヶ月」「自動更新ON」で契約しました。

自動更新をONにすることで、契約が切れると同時にクレジット支払いがされるので、支払い忘れでサイトが消えることを防いでくれます。

3.ロリポップ管理画面:「WAF設定」を一時的にOFF

このままWordPressをインストールしようとした所、「WAF設定がONになっていると、インストールに失敗することがあります」という注意書きがありました。

WAFとはウェブアプリケーションファイアーウォールの略で、「サイト改ざん対策」の1つです。

少し昔に、ロリポップの多くのWordPressが「サイト改ざんの被害」に合いましたが、もしかしたらその対策でこのサービスが追加されたのかもしれません。

なので、それに従って「WAF設定を一時的に全てOFF」にすることにしました。

ユーザー専用ページ>左メニュー「WEBツール」>WAF設定

と進むと「WAF設定」のページに移動できます。

移動したページで「一時的に全てのWAFをOFF」にしました。

4.ロリポップ管理画面:WordPressをインストール

そしてWordPressをインストールしました。

左メニュー「簡単インストール」>WordPress

と進むと、WordPressのインストール画面に移動します。

注意点としては、以下のように「フォルダ名」の入力が必須のように見えますが、ここは「入力しても」「しなくても」どちらでも大丈夫です。

私の場合、WordPressブログのトップにアクセスした時に、「hogehoge.com/wp」ではなく「hogehoge.com」のように表示させたかったので、フォルダ名を入力する所には“何も入力しません”でした。

逆に「hogehoge.com/wp」や「hogehoge.com/blog」のように表示させたい場合はフォルダ名部分に「wp」や「blog」と入力します。

スポンサーリンク

5.ロリポップ管理画面:「WAF設定」をONに戻す

インストールが完了したら、忘れずにWAF設定をONに戻します。

これで完了です。

使用予定の無料WordPress

最後に使用予定の高品質無料WordPressテンプレートと、SEO対策済みの有料テンプレートを紹介します。

私の場合、少し使ってみてSimplicityかSTINGERのどちらかにしようと思っています。

ではでは^^/

スポンサーリンク