酒の代わりに水を飲み続けて32日。久々に飲んだ酒よりも水の方が美味かった。そして少し酒から自由になれた。

2018年8月25日

今年の1月5日から禁酒を始めていて、今月の7日に久々に酒を飲みました。(本当は5月まで禁酒継続が目標ではあったんですが^^;)

スポンサーリンク
 

32日ぶりの酒は、めちゃくちゃ不味かった

合計32日ぶりの酒です。

さぞかし美味いだろうと思ったら、予想に反してめちゃくちゃ不味かったです。

一杯目に第3のビール「麦とホップ」を飲んで、その後にカンチューハイを飲みました。

酒飲みにとっての風呂あがりのビール一杯はメチャクチャ美味いはずなんですが、想像以上にマズかったです。

思えば、生まれて初めて飲んだビールはマズかったです。

それが習慣になってズルズルと、でも本人は楽しみながら、酒を飲んできたわけですが、

32日間禁酒したら、まだ酒にウブだったあの頃に戻れました!

「マズっ、大人はこんなの飲んでるのっ!?」

みたいな感じです。

私は禁酒中は、風呂あがりビール欲求を紛らわすために、水を最低でも1杯ゴクゴク一気飲みしていたんですが、その水の方がはるかに美味いと感じました。

自分でも信じられない位の変化です。

その後は酒を飲むにつれて、色々な感覚が麻痺していって、結構楽しく飲みました。(酒を残さないように、飲み切れる量を少し多めに買って飲みました。)

次の日に飲む酒もしっかりと不味かった

そして注目すべきは次の日。

禁酒して、最初に飲む酒って結構マズかったりしますが、その次の日に飲む酒って今までどおり、かなり美味かったりします。

ですから今回も次の日の酒は美味く感じるのかなぁ、と思っていましたが・・。

今回はそれがありませんでした。

しっかりと不味かったです。

次の日は、今までの禁酒期間中のように、「風呂あがりに水をゴクゴク飲んでいる自分」がいました。

(つまり、次の日は酒を飲まなかったのです。それも自然と。ノンストレスで。)

ビールよりも水の方がはるかに美味い

正直、「ビールよりも水の方がはるかに美味い」と、酒を飲んだ次の日でも思ってる自分がいました。

これ、本当です。

ようやく、自分なりに酒といい感じの距離をおけるようになってきました。

飲み会とか何かイベントがあった時は飲んで、そうでない時は水を飲む。

それが健康にもいいし、体は「水の方を飲みたい」と言っています。

それに禁酒してみて思いましたが、相当に金が減らないです(笑)。自分にとって大切なことに金を使えるようになります。

禁酒を成功させるポイント

ですから、今回の経験から禁酒するなら、

  • 最低でも30日以上禁酒する
  • 「酒飲みたい欲求」の対策には、水を一気飲みする

こうするといいかもしれません。

禁酒を30日以上行うと、脳の神経回路的な部分が、通常状態に戻るのだと思います。

それに加えて「酒の代わりに水を飲む」ことで、アルコール欲求を「水飲みたい欲求」にすり替えることができました。

体にとっては酒よりも、水の方が自然で「美味しい」ため、自然と、水の方を欲求するようになったのだと思います。

とうことで禁酒するなら「30日以上」「酒の代わりに水」「水一杯目は一気飲み」がオススメです。

スポンサーリンク