Ptengineで自分のアクセスを除外する方法

2018年8月25日

先日から「Ptengine」を試していますが、かなりいい感じです。アクセス状況が直感的にわかります。GoogleAnalyticsよりは、かなり使いやすいですね。

で、Ptengineでリアルタイムのアクセス状況を見たら、思いっきり自分のアクセスがカウントされていたので、「Ptengineで自分のアクセスを除外する方法」をメモしておきます。

次の手順でできます。

  1. Ptengine管理画面、右上の「歯車アイコン」をクリック
  2. 左メニューを「プロファイル>除外計測」と進む
  3. 自分のIPアドレスを確認して、入力して保存
スポンサーリンク
 

1.Ptengine管理画面、右上の「歯車アイコン」をクリック

Ptengie管理画面にログインしたら、右上にある「歯車アイコン」をクリックします。

2.左メニューを「プロファイル>除外計測」と進む

ページ移動後、左メニューを「プロファイル>除外計測」と進みます。

3.自分のIPアドレスを確認して、入力して保存

あとは「アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】」などで、自分のIPアドレスを確認して、ボックスに入力します。

そして保存します。

これで完了です。

。。。

参考ページ

気になる情報

もしかしたら、普通にプロバイダ契約したパソコンでは、アクセスごとにIPアドレスが変わるかもしれません。

次の記事によると、「固定のIPアドレス」を利用するには、別途有料で申し込みする必要がある場合が多いようです。

固定IPアドレスをサービス提供している主要各社(OCN等のプロバイダ)を比較してみた

私はOCNを使っているのですが、もしかして、次にアクセスした時は、IPアドレスが変わっているかもしれません。ということは、今回の設定は意味が無くなる可能性があります。もし、そうなった時は追記します。

追記1

調べてみましたが、「固定IPアドレスでない場合」でも、IPアドレスはめったに変わらない。という結論に達しました。

以下の記事で詳しく取り上げています。

少なくともOCNは滅多なことではIPアドレスは変わらないようだ。

追記2:どうやら除外できていないみたい

この後、Ptengineのアクセス解析を観察していたのですが、「どうやら、自分のアクセスを除外できていないようだ」という結論に達しました。

以下の記事に詳しく書いています。

どうやら現状、Ptengineで「アクセス除外できていない」ようだ。

ん〜、どうやればいいんだ(笑)

スポンサーリンク