Chromebookで「ファイルなどを削除しても容量が増えない」場合の対処方法

2018年8月20日

Chromebook自体の容量は比較的少ないです。

動画などをダウンロードしまくってるとすぐに容量の限界が来ます(笑)。

で、それらのファイルやファイルを詰め込んだフォルダを削除しても・・。

削除したはずなのに、一向に容量が元に戻らない(増えない)場合の対処方法の紹介です。

スポンサーリンク
 

容量が増えない原因

この場合、削除したファイルが「ゴミ箱にまだ残っている」ことが考えられます。少なくとも私はそうでした。

そのゴミ箱内のファイルを削除すれば、無事パソコン内から綺麗に無くなり、容量が増えるはずです。

私の場合、ファイルを削除しその後ゴミ箱内のファイルを削除したところ、無事容量が増えました。

その方法を次から紹介します。

ゴミ箱に残っているファイルを消す方法

次の手順で行います。

  1. ファイルやフォルダを削除する
  2. Google Driveに(※オンラインで)アクセスする
  3. ゴミ箱内のファイルやフォルダを削除する

1.ファイルやフォルダを削除する

まずは削除したいファイルやフォルダを削除します。

ここまでは普通に終わっていると思いますので、ここでは解説はしません。もしその方法がわからない場合は検索などして調べてください。

2.Google Driveに(※オンラインで)アクセスする

ここが最大のポイントです。

Google Driveに“オンラインで”アクセスします。

次の手順でオンラインでGoogle Driveにアクセスできます。

  1. シェルフにあるフォルダアイコンからフォルダ管理画面を開く
  2. 右上の縦に「・・・」と表示されている部分をクリック
  3. 「drive.google.comにアクセスします」をクリック

1.シェルフ(Windowsで言うところのタスクトレイ)にある「フォルダアイコン」をクリックします(初期設定のままならココにあるはずです。なければ左下に固定表示されてる「○」からフォルダアイコンを発見できるはずです)。

するとフォルダ管理画面が表示されます。

2.フォルダ管理画面の右上に“縦に”「・・・」と表示されている部分があります。そこをクリックします。

すると下にメニューが表示されその中に、「drive.google.comにアクセスします」という部分があります。そこをクリックします。

3.すると、オンラインでGoogle Driveにアクセスできます。

3.ゴミ箱内のファイルやフォルダを削除する

最期にゴミ箱内の「本当に削除したいファイルやフォルダ」を削除します。

これで、それらのファイルが“本当に削除”され、ドライブ容量が増えているはずです。

。。。

これでおしまいです。

スポンサーリンク