XPサービス終了を機に、へっぽこノートPCにEcolinuxを入れてみた

2018年8月22日

WindowsXPのサービス終了をきっかけに、低スペックノートPCに無料のLinux系のディストリビューション(OSのことらしい)を入れてみました。

始めてのLinuxでかなりテンパったし苦労したので、その方法をメモしておきます。

まず、本題に入る前に。

スポンサーリンク
 

Ecolinuxが向いている人

Ecolinuxが向いているのは、次のような人です。

  • パソコンが低スペックだ
  • 使えればそれで良い
  • プリンタを使わない
  • 文章作成やネットができればそれで良い

EcoLinuxはかなりシンプルです。

少なくともEcoLinuxはLinux独特の使い方になれていない限り、新しいソフトのダウンロードやインストールはかなり難しいと思っておいた方がいいです。

実際、私もFrefoxの実行ファイルを解凍するだけでもかなり苦労しました。コピペも思うように行かないし、Linuxの場合は「コマンド」というモノを使って、解凍や圧縮を行います。

ですから、利用目的にもよりますが、「Linux初心者」がたくさんのソフトを入れたり、色々と楽しみたい場合はEcoLinuxは向いてません。

まとめると次のような人にEcoLinuxは向いていると思います。(Linux玄人を除いて)

  • パソコンが低スペックでEcoLinux以外選択肢が無い
  • テキストエディタなどに文字入力さえできれば良い
  • ネットも使えればなお良い
  • プリンタも使わない

私はこれに全て当てはまっていたので、ある意味で泣く泣くEcoLinuxにしました。

でも、入れてみると「超早い」です。

UbuntuやLinuxMintDebainEdition(Mate)なども入れてみましたが、比べモノにならない程早いです。新幹線とカメ位の差です(言い過ぎ 笑)

私は文章を書く仕事をしてるんですが、メインPC以外で文章を書ければなぁと思って、今回の方法を行いました。

できたらOpneOfficeやLibreOfficeなどが使えれば良かったんですが、メインPCとの互換性が悪くて「文章が破損」してしまうことを考慮に入れて、最終的にテキスト・エディタに文章を書いて、それをUSBメモリでメインPCに移動させる、という方法を取ることにしました。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。

次の手順で行います。

  1. WindowsXPの「リカバリーCD」を用意(※超重要)
  2. EcoLinuxのダウンロード
  3. イメージDVDの作成
  4. EcoLinuxのインストール
  5. 最低限の基礎知識
  6. アップデートとアップグレード
  7. Firefoxのアップデート

1.WindowsXPの「リカバリーCD」を用意(※超重要)

まず、EcoLinuxを入れようと思っているパソコンの「リカバリーCD」を用意します。

これがあれば、パソコンを生き返らせることができます。

たとえばEcoLinuxのインストールが上手くいかなかったり、他のディストリビューション(OSのようなモノ)のインストールが上手く行かなくて、パソコンがごちゃごちゃになって、どうにもならなくなった時に、このソフトを使えば、「元のXPが入っていた状態のパソコン」に戻すことができます。

ですから、これは必ず用意しておいて下さい。

2.EcoLinuxのダウンロード

EcoLinuxの公式ページにアクセスします。

The Ecolinux Project

このページから、最新バージョンをパソコンにダウンロードします。

ファイル形式はISOイメージ(xxx.iso)です。

3.イメージDVDの作成

次にイメージDVDを作ります。

パソコンにこのDVDを入れておいて起動すると、自動でEcoLinuxのインストールが始まります。ここではそのためのDVDを作ります。

無料ソフトのDVD Decrypterを使ってイメージDVDを作ります。

次のサイトを参考に、DVD Decrypterのダウンロードとインストールを行います。

DVD Decrypterのインストール方法

それが終わったら、ダウンロードしたISOイメージからイメージDVDを作ります。

次のページを参考に行います。

DVD Decrypter ISO書き込み

4.EcoLinuxのインストール

パソコンを起動してイメージDVDを入れて、もう一度電源を切ります。

そして、ネットに繋がった状態で、もう一度電源を入れます。

こうするとスムーズにインストールできるました。

スポンサーリンク

5.最低限の基礎知識

コマンドを実行する場所

コマンドを実行する場所は画面下の「鳥のマーク」(Windowsで言うところの「スタート」部分)をクリックして、

アクセサリ>LXTTerminal

と進むと出てくる黒い画面です。

コマンド画面での貼付け

ファイル名などをコマンド部分に「貼り付けたい」ことがあると思います。

私の場合はFirefoxの実行ファイルを解凍したかったんですが、それを解凍するためにはコマンドを実行する真っ黒い画面に「ファイル名を書く」必要があります。これを手打ちでやってたらひたすら面倒くさいので、Windowsのようにコピペをしたかったんですが、それもこの画面では上手くいきませんでした。

そのために、このコマンド画面にコピーしたファイル名などを「貼り付ける」ショートカットキーを紹介します。

Control+Shift+V

わかってみたらメッチャ簡単でした(笑)

でも、これができなくて、わからなくて、超ムギャーっ(怒)ってなってました。なので、これを知れたあなたはラッキーです(笑)

6.アップデートとアップグレード

この基本知識がわかれば、Ecolinxのアップデートとアップグレードは簡単です。

左下、鳥マーク>アクセサリ>LXTTerminal

と進んで、次のページを参考に、コマンドを打ち込めばアップデートとアップグレードは完了です。

EcoLinuxインストールCD作成とインストール

ちなみに、私の場合これをしたら少しだけエラー?みたいな表示が出たんですが、気にしませんでした。(笑)

7.Firefoxのアップデート

Ecolinuxは規定のブラウザがFirefoxになっているんですが、インストールした時点ではバージョンが古くなってました。

それでFirefoxの最新バージョンをダウンロードしてインストールしようとしたんですが、これが「解凍方法がわからない」(笑)。

苦労しましたが、次のようにすると解凍できます。

1.ダウンロードしたFifefoxのフォルダを「ユーザー名フォルダ」に移動する

ダウンロードしたファイルは通常「ダウンロード」フォルダに入るようです。

Ecolinuxでファイルを解凍するにはコマンドを打ち込むんですが、このダウンロードフォルダに入っている状態のままコマンドを打ち込んでも解凍てきませんでした。

ダウンロードしたファイルを「ユーザー名フォルダ」に移動すれば、うまく解凍することができました。

(「ユザー名フォルダ」もしくは「階層」というのかもしれませんが、Ecolinuxの下のメニュー「鳥マーク」の近くに「引き出し」のようなアイコンがあると思います。これをクリックするとフォルダ一覧が表示されます。その左メニュの一番上にユーザー名が表示されているはずです。それをクリックして表示される画面に「解答したいファイル」を移動するという意味です。今回の場合は圧縮されたFifefoxファイル?をココに移動します。)

ここではそれを行います。

2.解凍コマンドを打ち込む

まず、

左下、鳥マーク>アクセサリ>LXTTerminal

と進んでコマンドを打ち込む画面を出します。

そこに次のように打ち込みます。

tar -jxf firefox-28.0.tar.bz2

firefoxのバージョンはダウンロードした時期で違ってくると思いますが、このようなイメージです。

ここでFirefoxのファイル名を全て打ち込むのは面倒なので、さっきのコピペ方法を使います。

コピーの方法はWindowsと同じで、ファイルを右クリックしてプロパティを出して、ファイル名をCtrl+Cでコピーします。

そして、コマンド画面に移動して、貼り付けたい場所にきたらControl+Shift+Vを押せば、貼り付けられます。

これで解凍が上手く行くはずです。

それが終わったら、Firefoxのアイコンをダブルクリックすればアップデートが完了するはずです。

ふぅ。。。

これで、とりあえずはEcoLinuxを使える状態になるはずです。

スポンサーリンク