【引退・セミリタイア】6000万円分の世界市場連動型インデックスファンドを購入(保有)すれば、仕事しなくても生きていけるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前、次の記事を書きました。

Mr.Xの「資産を構築する方法」。ブログ記事とレポートをメモ。

インターネットビジネスの世界で少し有名なMr.Xという人が「引退する方法」を過去に公開したのですが、その要約を上記でメモ代わりに記事にしました。

その方法をもう少し数字を使って書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

まず、世界市場連動型インデックスファンドは長い目で見ると「価値が上がり続ける」と言われています。

これは私もそう思います。地球すべてを巻き込んだ最終戦争でも起こらない限り“人類は発展を続ける”と思います。その世界の市場と連動しているインデックスファンドなら(長期的に保有すれば)資産価値は上がり続ける、と思います。

ですからその長期的に見れば資産価値が上がり続ける資産を一定レベルまで保有して、そのごくごく一部を毎月現金化して暮せば、資産が減るスピードと資産が増えるスピードが拮抗して、仕事で働かなくても生活できるようになる。

つまり、世界市場連動型インデックスファンドの「資産増加分だけ」を現金化していけば、理論上、資産は減らずに暮らしていけるということになります。

それを具体的な数字で表したのが「資産を構築する方法」というものです。

この数字を見ていけば(少なくとも理論上は)、6000万円分の世界市場連動型インデックスファンドを購入すれば、引退できるという計算が成り立ちます。

(※投資は個人の自己責任で行うものです)

  1. 毎月必要な金額を20万円とします。(20万円あれば、贅沢をしなければ普通の暮らしはできるはずです。)
  2. 毎月20万円なので年間に直すと20万円×12ヶ月=240万円です。
  3. そしてこの240万円に25をかけます。240万円×25=6000万円。
  4. この分の世界市場連動型インデックスファンドを購入します。
  5. それが完了したら、保有するインデックスファンドの0.3%を毎月現金化して生活費に当てます。
  6. 保有するインデックスファンドの資産価値が全く増加していないと仮定したとしても、6000万円分の0.3%を現金化した場合、18万円になります。
  7. 18万円でも生活することはできると思いますし、(※理論上)“資産は増加している”はずですので、18万円よりも大きい20万円くらいになるのではないか。

参考:Mr.Xの「資産を構築する方法」。ブログ記事とレポートをメモ。

という形になります。

私はこれを実践してみようと思います。

Mr.Xは聞いた話ではハーフか何かで外国の方のようなのですが、Mr.Xが推奨している証券会社はアメリカのFirstradeという所です。英語です。私も含め英語が苦手な方や、外国の企業が信用できないという場合は、日本の証券会社を利用するのがいいかもしれません。

そう思ってた所、こないだ本屋で立ち読みしていたらいい本を見つけました。

はじめての人のための3000円投資生活 | 横山光昭 |本 | 通販 | Amazon

この中で世界市場連動型インデックスファンドが紹介されていて、なおかつオススメの“日本の証券会社”も紹介されていました。

個人的にこの本はまだ買ってなくて立ち読みのみなので(実際に購入する段階になったら買って読もうと思っています)、具体的な銘柄などはここでは挙げることはできませんが、この本で紹介されている銘柄と証券会社を使うと良いと思っています。

私はこれを今年始めてみることにしました。

今はそのための資金を稼いでいる所です。

「働かなくても生活していける」っていう安心感はとてつもなく大きいですからね。

ではではっ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*