立ってパソコンをすると、筋肉ムキムキになって最強の肉体を手に入れられるかもしれない

去年の年末頃から、私は「立ってパソコン作業をする」ようにしています。

これは「日本版ライフハッカー」さんの次の記事を読んだことがきっかけです。

立ったまま机に向うと快適! : ライフハッカー[日本版]

米Lifehackerの母、Gina Trapaniさんは立ってパソコン作業をすることで、「姿勢が良くなった」そうですし、「もう座ってパソコンはやりたくない」と思うようになったそうです。

その頃、座ってパソコン作業を繰り返して、体がかなり不調だったので、「もしかしたら、これで良くなるかもしれない」と思って、早速、パソコン環境を「立ってやる」モノに作り変えました。

それで今、1ヶ月半位になるんですが、「メチャクチャ調子が良い」んです。

これはもう、マジで本当に、「俺ってこんなに健康だったんだ」と思えるほどに調子が良いんです。

スポンサーリンク
 

立ってパソコンしたら筋肉が発達してきて調子が良くなってきた

前に大学生の頃のフニャケタ生活から、体を使う職種に就職して、ひどい筋肉痛になりながらも、ようやく体が慣れて、肉体労働的な「健康な肉体が出来上がるまでに3ヶ月位かかった」ので、今年の3月頃には、もっと健康になってるんじゃないかと予想&期待してます。

体のどこが違うのかというと、「体の背中側の筋肉の発達が凄い」です。

  • ふくらはぎ
  • 太ももの裏
  • ケツ
  • 背筋全般

ここらへんの発達が凄いですし、最初の頃はずっと筋肉痛でした。

また、「下がっていた肩が上がって」きました。

座って長時間パソコン作業をしていると、どうしても首が前に出て、猫背気味になって、結果として、肩が下がりがちになります。

そして、肩が前に入って下に下がってくると、とんでもない不具合が頻発するようになります。(実体験)

座ってパソコンを長時間&長期間やって死ぬほど体調を崩した

私は座ってパソコンを長時間やり過ぎて、体調をかなりのレベルで壊しました。

私が体験した症状を次に挙げます。

やせ細って、横から見るとアイスの棒のようなペラペラ状態になった
(いや、マジです)

字が書けなくなった
(腕の極度の疲労と、肩が下がっているので、思ったように字を書けなくなりました)

手が冷たい

精神状態が悪くなる
(肩が前に入って、下がっているので、横隔膜が圧迫されて呼吸が上手くできない)

パニック障害のように人が怖くなった
(これは首と目の筋肉の疲れが原因かもしれません)

いくら食べても体重が増えない
(多分栄養を吸収できる状態じゃなかったんだと思います)

関節リュウマチ
(朝起きたら、指がぼっこり腫れて曲がりませんでした)

坐骨神経痛
(詳しくは忘れましたが、その時、症状をGoogle検索をした結果、坐骨神経痛だと確信しました)

「痩せた?」と人に会う度に言われる

自分に自信が無くなった
(正常に呼吸できないのが原因だと思います)

こんな感じです。

どうですか?とんでもなくヤバイですよね。

老人になってから経験するであろうことを大体経験できたと思っています。
今では、これは本当に良かったと思ってます。

なぜなら、「これからは上がっていくだけ」ですから。

私は中高生の頃の自分の肉体を越えようと思っています。

そして、今のまま、健康状態が復活していけば、これは可能だと思っています。

なぜなら、中高生の頃の自分には無い、「知識と経験と技術」があるからです。

人間の自然で正しい姿勢はどんなモノが理想かを色々研究した結果、「こうだろうな」というモノを見つけてあります。

そこを目指してやっていけば、中高生の頃の自分は超えられると思っています。

これからの自分の肉体の進化と健康が楽しみ

話が結構それた気がしますが、

座ったままパソコンを長時間、長期間やっていたら、私はかなりのレベルで体調を壊しました。

そして、それを「立ってパソコン作業をする」ようにした所、メキメキと健康を取り戻しつつあります。

体が仕上がるであろう頃の3月が本当に楽しみです。

なので、もしあなたが、座ってパソコンを長時間していて、昔の私と同じ様な症状に苦しんでいるのなら、「立ってパソコン作業をする」というのを試してみるのも良いと思います。

もし、私の大切な人が、昔の私と同じような状況だったら、私は迷わず、本当に迷わず、速攻で「立ちパソコン」を進めます。

もしくは、立ってやる仕事だったり、肉体労働(肉体労働をやっていた頃の私はかなり健康でしたし、かなりの筋肉だったようです、私は忘れましたが 笑)を勧めます。

もし状況が合えば「立ちパソコン」を考えてみてください。

それでは、またっ^^

スポンサーリンク