Luxeritasで手動AdSenseタグ挿入する場合に便利な方法

当サイトはWordPressで運用し、テーマは(今現在は)Luxeritasを使っています。

収益化の1つの手段としてGoogle Adsenseを使っていて、少なくともこのサイトは“手動でAdSenseの広告タグを貼り付けて”います。

この方法を採用した場合に、「管理もAdSenseタグ挿入も簡単」だと思っている方法を紹介します。

次の手順で行います。

  1. 「ショートコード」にAdSense広告タグを登録する
  2. 記事を投稿する時は「ショートコード」を入力するだけでOK
スポンサーリンク
 

ステップ1:「ショートコード」にAdSense広告タグを登録する

Luxeritasはデフォルトでショートコードが使えます。

ショートコードとは例えばこのような感じです。まず[サンプル1]というショートコードに「サンプル1の場合はこの文章を表示させます。」と、登録します。すると記事投稿画面で[サンプル1]とボタン1つで入力すれば、記事を表示した時にその部分に「サンプル1の場合はこの文章を表示させます。」が表示されます。

このショートコードは「何度も同じ文章などを使いたい時」に重宝します。これは正にAdSenseの広告タグを手動で挿入したい時に最適です。

次のようにします。

ダッシュボードを「Luxeritas>定型文登録」と進み「ショートコード」タブを選択。そして「新規追加」をクリックします。

[ラベル]に「AdSense1」など適当な名前を入力。[ショートコード]に「AD1」などと適当な名前を入力。[contents]に「Google Adsenseの広告タグ」を入力します。

普通は1記事の中にAdSense広告を3つは表示する予定だと思いますので、この作業を3回繰り返して、合計3つのAdSenseショートコードを登録します。(その際はAD1、AD2、AD3とショートコードを分け、それぞれにAdSense広告タグを登録します。ラベルもAdSense1、AdSense2、AdSense3、と見分けのつくモノにします。)

スポンサーリンク

ステップ2:記事を投稿する時は「ショートコード」を入力するだけでOK

あとは、記事を投稿する時に、ショートコードをボタン1つで入力するだけでOKです。そのまま投稿すれば記事中にAdSense広告が表示されます。

記事本文入力ボックスの上部にある「ショートコード」ボタンを押します。

すると下記のような小さなウィンドウが表示されます。

上記画像のように[AdSense1]ボタンをクリックして「挿入」を押すと、記事中に[AD1]というショートコードが出現します。

そのまま記事を公開すると、[AD1]を挿入した部分がAdSense広告タグに置き換えられて、AdSense広告が表示されます。

あとは同じように、AdSense広告2つ目を表示させたい場所に例えば[AD2]と挿入。3つ目のAdSense広告を表示させたい場所に[AD3]と挿入すれば、合計3つのAdSense広告を表示させた記事が完成します。(もし記事のボリュームが少ない時は、表示するAdSense広告を2つにしたり1つにしたりと、調節できます)

この方法だと管理が楽

この方法だとAdSense広告の管理が楽です。

例えば、実際に体験したことですが、記事の一番下に表示しているAdSense広告直下に「AdSenseのリンク広告」を追記したい場合がありました。※これを全ての記事で行いたいことがありました。

その場合も、AdSense管理画面からリンク広告のタグをコピーしてきて、ダッシュボード「Luxeritas>定型文登録>ショートコード」から、登録したショートコードの[contents]部分に追記するだけで済みます。

こうすれば全ての記事で「記事一番下のAdSense広告直下にAdSenseリンク広告が追加」されます。それも一発で。

このように管理が楽なので、この方法を採用しています。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク