Chromebookのおすすめアプリ2018年度版(趣味、Webビジネス、プライベート)

私は2年前からChromebookを使っています。

2年も使っていれば、使ったはいいものの、使わなくなったアプリもあれば、2年前からずーっと使い続けてるアプリもあります。そんな中から、今現在も使っていておすすめできるアプリを紹介したいと思います。

使用用途は趣味(映画鑑賞、ネットサーフィン)、Kindle電子書籍作成(EPUB形式)、サイト運営(WordPress)、レポート作成(GoogleDocs)、 アフィリエイト、その他ビジネス、プライベート、などです。

これらの使用用途でのおすすめアプリ2018年度版です。

スポンサーリンク
 

Webページへのリンクタグ作成:Create Link

Create Link

Webページへのリンクタグ(HTMLコード)を簡単に作成するためにCreate Linkを使っています。

ブラウザ上部Create Linkアプリアイコンをクリックして呼び出し、プルダウンメニューをクリックするだけで、そのページへのリンクタグ(HTMLコード)がクリップボードにコピーされます。後はそれをCtrl+Vで貼り付けるだけで、例えば次のようなHTMLコードを貼り付けることができます。

<a href=”https://www.yahoo.co.jp/”>Yahoo! JAPAN</a>

上記のHTMLコードはカスタマイズできるので、例えば別窓で開くようにtarget=”_blank”を指定したりできます。

他サイトアクセス数チェック:SimilarWeb

SimilarWeb

他サイトのアクセス数を知りたい時に使っています。

このアプリをインストールして、アクセス数を知りたいサイトを表示。ブラウザ上部のSimilarWebアプリアイコンをクリックすれば、そのサイトの月間訪問者数などをチェックできます。

全てのサイトのアクセス数を調べられるわけではなく、何らかの条件を満たしたサイトのみアクセス数を調べられるようです。つまりアクセス数を調べられないサイトも存在します。

追記:SimilarWebが「埋め込まれたツイート表示の不具合」を引き起こしてる?

ChromeブラウザにSimilarWebをインストールすると「ページに埋め込まれたTwitterのツイートが正常に表示されない」不具合を発見しました。

解決法は下記に書いています。

【Chromeブラウザ】サイトに埋め込まれた「Twitterのツイートと画像」が表示されない問題を解決した方法

パスワード保存:LastPass

LastPass

会員登録する必要のあるサイトのIDやパスワードを保存できるアプリです。

私はかなりの数のサイトに会員登録しているのですが、それら全てのパスワードをこのLastPassで保存しています。正直これがないと生きていけません(笑)。

Google Analytics自分除外:Google Analyticsオプトアウトアドオン

Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)

Google Analyticsで自分のアクセスを除外するためにこのアプリを使っています。

自分でサイトを作成してアクセス解析のためにGoogleアナリティクスの解析タグを挿入し、サイトデザインの微調整や記事の推敲などをすると、当然ですが頻繁に自分のサイトにアクセスします。

そんな時このアプリを入れていないと、自分のアクセスもカウントされてしまい、「おっ、サイト開設直後なのに物凄い記事を見てくれる人がいる!」なんていう勘違いをしてしまうことがあります。

Google Analyticsオプトアウトアドオンを入れると、自分のアクセスを除外してくれるので、正常なアクセス数などを見ることができます。

Google Adsense報酬チェック:Google Publisher Toolbar

Google Publisher Toolbar

Google AdSenseの報酬を簡単にチェックするためにこのアプリを使っています。

このアプリを入れるとChromeブラウザのアプリアイコンをクリックするだけでGoogle AdSense報酬をチェックすることができます。

表示設定をいじれば当日のAdSense報酬を表示できたり、カスタムURLを設定していれば、どのAdSense広告がどれくらい稼いでいるのかがひと目でわかります。めちゃくちゃ便利です。

画像キャプチャ:Awesome Screenshot

Awesome Screenshot

Web サイトなどの画像をキャプチャする時にこのアプリを使っています。

かなり便利ですし、機能も豊富です。

最近発見したのですが、ローカルに保存してある画像もこのアプリを使って編集できるのでかなり便利です(参考:Chromebookで「パソコン内の画像」を超簡単に編集する方法)。

動画キャプチャ:Screencastify

Screencastify

デスクトップ上の動きを録画したり、動画解説を録音するために使っています。

スポンサーリンク

コミュニケーション:Google ハングアウト

Google ハングアウト

友達などとチャットやビデオ通話などをする時に使っています。

世の中はLINE全盛のように思いますが、個人的にはこのGoogleハングアウトの方が便利で使いやすいです(少なくも、テキスト主体のチャットとビデオ通話では)。

LINEはチャットの内容を検索することができませんが、Googleハングアウトはチャットの内容をGmail内の検索ボックスで検索することができます。これがめちゃくちゃ便利です。

ただ、今Googleハングアウトを使っている人があまりいないので使える人は限られますが、個人的な希望としては人類みなGoogleハングアウトを使って欲しいと思っています。ただし、ファイル転送はLINEに軍配が上がりますね、今のところ。

コミュニケーション:LINE

LINE

友達とLINEをする時に使っています。

ただし2018年10月現在では、スマホ版に比べると機能は少ないようです。と言っても普通に使う部分にはそれほど問題はありません。

あと少し気になる点が1つ。私だけかもしれませんが、チャットをしてしばらく時間が経つとチャット内容が消えていました。個人的にはそれほど気になりませんし、今現在もそうなのかはちょっとわかりませんが、もしかしたらそういう問題も起こるかもしれません。

ZIPファイル解凍:ZIP Extractor

ZIP Extractor

ZIPファイルを解凍するために使っています。

このアプリを使ってZIPファイルを解凍すると、 Google ドライブ内に解凍されたファイルが保存されます。

メモ帳:Text(テキストエディタ)

Text

簡単な文章を書いたりメモ帳代わりに使っています。

シンプルでクールなテキストエディタで、使い勝手もいいです。

ただ漢字変換のためのプルダウンメニューが、文字に被って見えなくなることがあるので、最初は少し戸惑うかもしれません。慣れると問題なく使えるようになるはずです。

文字の一括置換:Caret(テキストエディタ)

Caret

文字の一括置換をするために使っています。

Caretに文章を貼り付けてCtrl+Hで置換機能を呼び出し「置換前の文書を指定→置換後の文章を指定」で一括置換することができます。

一括置換したい時にはかなり便利なテキストエディタです。

EPUBリーダー:Readium

Readium

EPUB形式の電子書籍を読むために使っています。

Kindle電子書籍をEPUB形式で作成した時に、このアプリを使って表示チェックなどをしていました。

ブルーライトカット:読書灯

試験運用機能ですが、少し特殊な操作をすることで、Chromebookにブルーライトカットのような機能を搭載できます。Windowsパソコンで言うところのf.luxみたいな機能です。

Chromebookではこの機能は「読書灯」となっています。

次の手順で導入できます。

  1. アドレスバーにchrome://flagsと入力
  2. ずら~っと英語が出て来る。Searchボックスにnight lightと入力
  3. Enable Night Lightが出て来る。それを有効にする。
  4. PCを再起動
  5. モニター右下「時刻表示」部分をクリック。すると今まで無かった「三日月マーク」のようなモノが出て来る。これをクリックすればこの機能(読書灯)をONにできる。

(参考:[かぶ] Chromebookで「読書灯モード(Enable Night Light)」を試してみる。

長時間パソコン作業をする場合、この機能はかなり重宝します。

目の疲れが全然違います。

私の場合はこの読書灯に加えて、ブルーライトカットのメガネをかけてます(近距離用に度を弱くした近視用メガネ)。ちなみにJINSで10,000円で買ったモノ。

画像一括リサイズ:Bulk Resize Photos

Bulk Resize Photos

Bulk Resize Photosを使えば画像を一括でリサイズできます。

もしこれを使わなければ、Chromebook上で画像を選択し、デフォルトで搭載されてる画像編集機能で画像を1つ1つ手作業でリサイズしなければなりません。

その点、Bulk Resize Photosはリサイズ後の値を指定すれば、複数の画像ファイルを一括リサイズできます。

リサイズされた画像はZIPファイル形式でダウンロードできます。

アプリをインストールすると、Bulk Resize Photosアイコンがランチャーに表示されます。このアイコンをクリックすると、Bulk Resize Photosの一括リサイズページへアクセスできます。

私の場合、Bulk Resize Photosをシェルフに固定して(Windowsで言うところのタスクトレイに固定して)使っています。WordPressの記事更新で頻繁に使うので。

スポンサーリンク