「山本“KID”徳郁さんは何ガンなのか?」信頼できる情報と医学の専門情報を元に考えてみました。

山本“KID”徳郁さんがガンを公表されましたが「何のガンなのか?」は公表されていません。

そこで、「信頼できる情報元」と「医学の専門情報」を参考に、山本“KID”徳郁さんが何のガンなのか?を考えてみました。

あくまで私個人の推理ですが、その内容をこの記事では公開します。

スポンサーリンク
 

山本“KID”徳郁さんは何ガンなのか?

あなたと同じように、私も山本“KID”徳郁さんが何のガンなのか?気になりました。

そこで、次の2つを仮定してみました。

  • 山本“KID”徳郁さんは抗がん剤の副作用でむくんでいるのではないか?
  • 格闘家の桜井マッハ速人さんが、山本キッドさんについて語っている内容にヒントが隠されているのではないか?

1つ目は「山本“KID”徳郁さんは抗がん剤の副作用でむくんでいるのではないか?」という視点から、山本キッドさんのガンの種類を推測しました。なぜならキッドさんのインスタの中に「むくんでるように見えるモノ」があったからです。

この時に使った情報は「医学の専門情報」です。個人や素人の意見などではなく、医学や医療の専門の情報を参考にキッドさんのガンを推理しました。参考にした医学情報はその都度リンクして紹介していますので、興味があればそちらも参照してください。

2つ目は「格闘家の桜井マッハ速人さんが、山本キッドさんについて語っている内容にヒントが隠されているのではないか?」という視点から、山本キッドさんが何ガンなのか?を推理しました。

後で紹介しますが、桜井マッハ速人さんは1年ほど前に、山本“KID”徳郁さんと凄く近い人物から直接「山本キッドさんのガンについて」話を聞いています。また桜井さんは医療の免許を持っていて、医学の専門知識があります。この2点から桜井さんが語る内容には「信頼性がある」と考えました。そこで桜井さんの証言を元に、山本キッドさんのガンの種類を推理しました。

上記の2点から、それぞれ山本“KID”徳郁さんが「何ガンなのか?」を推測しました。

それが次の2つです。

  • 仮説1:「抗がん剤副作用による顔のむくみの可能性」から考えた結果
  • 仮説2:「桜井マッハ速人さんの証言」から考えた結果

次からそれぞれ詳しく見ていきます。

仮説1:「抗がん剤副作用による顔のむくみの可能性」から考えた結果

次の記事にあるように以前、山本“KID”徳郁さんの公式インスタグラムより、キッドさんの写真を集めました。

参考:山本KID徳郁さんのガンによる痩せ写真をインスタから時系列で集めました。

この写真を見ていくと、たまにキッドさんの顔がむくんでいるように見える時があります。

例えば次の写真です。

私はこれを「抗がん剤の副作用による顔のむくみ」と“仮定”しました。

これを起点に、山本“KID”徳郁さんのガンを推理しました。

※あくまで推理であり仮説ですので、そのつもりでご覧ください。

副作用でむくみが生じる抗がん剤、主な3つ

キッドさんの顔のむくみが抗がん剤による副作用と仮定した場合、「副作用でむくみが生じる抗がん剤は何か?」と考えました。

熊本大学医学部附属病院の抗がん剤の副作用Q&A「むくみが出たらどうしたらいいですか?」によると、副作用の出る抗がん剤は主に次の3つがあるようです。(参考:抗がん剤治療の主な副作用とその対応【Q&A】

  1. ドセタキセル
  2. イマチニブ
  3. プレドニゾロン

主にこの3つの抗がん剤の副作用に「むくみ」があるようです。

この3つの抗がん剤それぞれが「適応されるガンが何か?」がわかれば、ある程度キッドさんのガンが何なのか?を推理することができます。

次からそれぞれの抗がん剤が適応されるガンを見ていきたいと思います。

1.ドセタキセル

国立がん研究センター:がん情報サービス「ドセタキル:注射」によると、ドセタキルは次のガンに適応されます(他の参考記事:ドセタキセル3週1回投与療法の手引き)。

  • 乳がん
  • 肺がん(非小細胞肺がん)
  • 胃がん
  • 頭頸部がん
  • 卵巣がん
  • 食道がん
  • 子宮体がん
  • 前立腺がん

キッドさんは消化器系のガンと言われていますので(週間Flash2018年9月11日号、キッドさんの親しい人と直接話を桜井マッハ速人さんのYouTube動画より)、これらのうち消化器系のガンは次になります。

  • 食道がん
  • 胃がん

参考:消化器系の概要 – 03. 消化器の病気 – MSDマニュアル家庭版

2.イマチニブ

国立がん研究センター:がん情報サービス「イマニチブ:錠剤」によると、イマニチブは次のガンに適応されます。

  • 慢性骨髄性白血病
  • 消化管間質腫瘍(GIST)
  • 急性リンパ性白血病
  • 好酸球増多症候群
  • 慢性好酸球性白血病

この内、消化器系のガンと考えられるのは「消化管間質腫瘍(GIST)」ですが、国立がん研究センター「GIST(消化管間質腫瘍)」によると、「消化管間質腫瘍(GIST)は“肉腫”の一種と考えられ、“ガンとは違う”」そうです。

参考:GIST(消化管間質腫瘍)について

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。

GIST(消化管間質腫瘍) | 希少がんセンター

このことから、ここでは消化管間質腫瘍(GIST)は消化器系のガン“ではない”と考えました。

つまり、イマチニブが適応されるガンの中に、紹介系のガンは発見できませんでした。

3.プレドニゾロン

日経メディカル「プレドニゾロン錠:タケダ5mg」と、医薬品情報データベース「日本薬局方 プレドニゾロン錠」によると、プレドニゾロンは次のガンに適応されます。

  • 癌末期の全身状態の改善
  • 前立腺癌
  • 乳癌の再発転移
  • 悪性リンパ腫及び類似疾患(近縁疾患)
  • 多発性骨髄腫
  • 好酸性肉芽腫
  • 乳癌の再発転移

この中に「消化器系のガン」は無いと思われます。

まとめ

山本“KID”徳郁さんのインスタ写真で、たまに顔がむくんで見えるようなものがありました。これを抗がん剤の副作用による顔のむくみだと仮定しました。

この視点で調べたところ、抗がん剤の副作用でむくみが生じるモノは主に次の3つがありました。

  1. ドセタキセル
  2. イマチニブ
  3. プレドニゾロン

それぞれの抗がん剤が適用されるガンの内、消化器系のガンは次の2つです。

  • 食道がん
  • 胃がん

どちらも場合によっては初期症状がそれほどないことも多く発見が遅れることがあるそうです。

結論(※推測):胃ガンかもしれない

胃がんは女性に比べて男性がかかりやすいガンです。特に40歳以降にその差が激しくなるようです。

参考:胃がん | 見のがすな!がんのサイン | 大鵬薬品工業株式会社

キッドさんは2018年9月現在41歳です。芸人の宮迫博之さんは2012年に胃がんを患っています。宮迫さんは2012年当時42歳ですから、もしキッドさんが胃がんだとすれば、ほぼ同じ年齢でガンになったとも考えられます。

身近な男性がガンになったと聞けば胃ガンや大腸ガンが多いように思います。また、国立がん研究センターの統計によれば、男性に多いガンは「肺、胃、大腸、前立腺、肝臓、膵臓」です。

参考:最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計]

このような統計的な観点からいくと、山本キッドさんのガンは「胃ガン」の可能性が少し高いかもしれません。※個人の推測です

スポンサーリンク

仮説2:「桜井マッハ速人さんの証言」から考えた結果

桜井マッハ速人さんは今回の山本“KID”徳郁さんのガン公表に関して、次の動画を公開しています。

桜井マッハ速人さんは「山本キッドさんが何ガンか」実は知っているのではないか?

この中で「言える範囲で、公表されている範囲で言うと・・」という前置きをしながら、「(キッドさんは)消化器系のガンだ、と聞いた」と言っています。

つまり、この動画の中では具体的な元の名前は明かされていません。

ですが「言える範囲で、公表されている範囲で言うと・・」という部分から、桜井マッハ速人さんは「山本キッドさんのガンの具体的な病名が分かっている」と推測しました。具体的な病名は分かっているけれども、山本キッドさんが病名を公表していないことから、桜井マッハ速人さんも「具体的な病名は明かさない」というスタンスを取っていると考えました。

その上で私が注目したのは次の点です。

膵臓ガンになったスティーブ・ジョブズを例として挙げている

桜井マッハ速人さんは上記動画の中で「山本キッドさんはガンを手術などの西洋医学的な方法では治療をせず、自然療法で治していく、ということを聞いた」と話しています。

その話の流れの中でスティーブ・ジョブズさんのことを取り挙げています。

ガンになった有名人の人が多くいると思いますし、その中で「自然療法でガンを治していく」スタンスを取った有名人もいると思います。

さらに桜井マッハ速人さんは上記動画の中で「医療者免許を持っている」と語っていました。つまり医学の知識があります。それは上記動画を見ればわかると思います。専門用語を普通に語っています。

この2つの前提があった上で「ガン治療の話の中でスティーブ・ジョブズさんのことを取り上げた」ということは、山本キッドさんは実は膵臓ガンで、その無意識的な連想から、同じく膵臓ガンになったスティーブジョブズさんのことを取り挙げたのではないか、と考えました。(※個人の推測です)

結論(※推測):膵臓ガンかもしれない

山本キッドさんは消化器系の癌の具体的な名前は明かしていません。ですから桜井マッハ速人さんもガンの具体的な名前は明かせません。

ですが桜井マッハ速人さんは「ガンの具体的な名前を知っているのではないか」と仮定すると、ガンの具体的な名前を知っているからこそ無意識的に膵臓ガンにかかったスティーブジョブズのことを取り挙げたのではないかと考えました。

このことから考えると山本“KID”徳郁さんのガンは膵臓ガンの可能性があると推測できます。※個人の推測です

まとめ

最後にまとめます。

胃ガンかもしれない

キッドさんのインスタの中に、顔がむくんで見えるようなものがありました。それを抗がん剤の副作用による顔のむくみだと仮定しました。

副作用として体のむくみが生じる抗がん剤は主に3つあることがわかり、その抗がん剤が適応されるガンの中から、消化器系のガンだけを抜き出すと次の2つがありました。

  • 食道がん
  • 胃がん

この2つの内、男性がかかりやすいガンは「胃ガン」です。

膵臓ガンかもしれない

桜井マッハ速人さんは山本キッドさんのガンに対する動画の中で、スティーブ・ジョブズのことを取り挙げています。

  • 桜井マッハ速人さんは医学の知識があること
  • 桜井さんは、キッドさんの親しい友人から聞いて「キッドさんがかかっている消化器系の癌の具体的な名前を、実は知っているのではないか」という仮定

この2点から、桜井さんが動画の中でスティーブ・ジョブズのことを取り上げた理由が「山本キッドさんのガンが“膵臓ガン”だったからなのではないか」と推測しました。

結論(※推測)

これらのことから、この記事では、山本“KID”徳郁さんのガンは「胃ガン」か「膵臓ガン」なのではないかと推測しました。

※あくまで個人の推測です。

スポンサーリンク