「アクティブビュー」を参考に改善をくり返せば、AdSense収益UPが期待できるようだ。

2018年8月28日

今朝AdSenseの管理画面にアクセスしたらこんな表示が。

「AdSenseの“ある広告ユニット”がユーザーの目にあまり触れていません。この部分を改善すると、収益の増加が見込めますよ」という知らせのようです。

スポンサーリンク
 

 

そこで「詳細」というリンクをクリックすると、より詳しいヘルプを見ることができました。

広告主は“閲覧される”広告枠を求めている

これらによると、最近の広告主(アドワーズ広告を出稿している企業や個人)は「閲覧できるインプレッションの購入を求める傾向がある」としています。

これはつまり、ユーザーの目に触れているAdSense広告に広告主は広告を出稿する傾向がある、ということだと解釈しました。

簡単に言えば、ブログに貼られているAdSense広告の中でも、ユーザーのブラウザに実際に表示されていて、なおかつ「ユーザーが目にしているであろう広告枠」を広告主は求めている、ということだと思います。

その為の指標として、Googleは「アクティブビュー」をというモノを作ったようです。

アクティブビューを参考にして改善をくり返せば、AdSense収益の増加が期待できる

私達AdSenseで稼ぐブロガーなどは、このアクティブビューの指標を利用して、ブログ内のどの広告の「視認性が高いか」あるいは「高くないか」を見ることができるようです。

そして今回の私のように「視認性の“低い”広告ユニット」を改善することで、収益の増加を見込めるようになるようです。

視認性の低い広告ユニットの改善方法

視認性の低い広告ニュニットの改善方法は「視認性を高めるおすすめの方法 – AdSense ヘルプ」を参考にしてください。

このブログとしては、ブログ購読フォーム直下に貼っていたAdSense広告の視認率が低かった(全体の8%しかなかった)ので、その広告ユニットを記事直下に移動させました。

これで少し様子を見てみようと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク